ほめほめたいむ

素敵で好みなアイテムをとことん褒めるブログです

かなでもののテーブルをPCデスク用に購入しました

シンプルで質感の良いテーブルの紹介です。

かなでもの THE TABLE / ラバーウッド × Steel Flat Plate

f:id:dareshira:20200727125747j:plain

商品ページ https://kanademono.design/products/tbl-g05

posted with カエレバ

※かなでものの商品は以前まで楽天で取り扱っていましたが、現在(2020年7月)は公式ページでしか購入出来ないようです。

 

購入動機

引っ越しの為、新しいPCデスクを買う必要があり、ネットで探していました。
元々シンプルなデスクを欲していたので、かなでもののテーブルに焦点が合うのは早かったです。(「デスク」で検索するとトップに出て来ますしね。)
そこで詳しくチェックしてみると、なかなかに良さそうで、以下で上げる「かなでものの特徴」に惹かれ購入した感じになります。

かなでものとは

東京に本社を構え、中価格帯の家具を取り添えた家具ブランドです。

販売している家具の性質は、

──「国内で加工された高品質な木材」「最先端の時代に合わせたハイセンスな塗装」「国内外から調達した印象的で品質の良い脚」を組み合わせ、シャビーシック、インダストリアル、ミニマルデザインを基調とした製品を提供しております。──

とのことです。

横文字がよくわからないのでググってみると、「アンティーク調で工業的で無骨でシンプル」ってことみたいですね。

かなでもの公式ページ https://kanademono.design/

かなでものの特徴

天板の素材へのこだわり
・国内で職人が製材・加工している国産の天板を扱う
・デザイン性の高い金属脚
テーブルのサイズオーダーが無料でできる
ワークスペースに便利な配線穴の加工が可能
リーズナブルな価格でご提供
・複数テーブルのご注文でも、短納期でお届け
・複数台のご注文でも、配送料は一律0円(離島のぞく)

太文字で記した箇所が、私がかなでもののデスクを選んだ理由になりますので、この点をピックアップしますね。

天板の素材へのこだわり

第一にこれです。
ネットショップ越しですが、商品写真を一見しただけで素材感漂う質感が感じ取れてグっと来ました。
シンプルなのも好印象です。

─かなでものでは、ユーザーにぴったりの木のテーブルを見つけてもらうために、8種類の木材で出来た天板を用意しています。─

杉無垢材 パイン材 ラバーウッド 古材 ホワイトアッシュ 飛騨唐松 長良杉 岐阜桧

と国産のものも多数取り扱っているみたいで、嬉しい方多いんじゃないでしょうか。

私の場合、割と重たい物を置くPCデスク用に購入を検討していましたので、硬めの木材をとラバーウッドを選択しました。

天板の選び方は、私の様に用途によって選ぶのも良いと思いますし、重い物を置くことが少ないのであれば、単純に木の色や素材感で選ぶの良いと思います。

こうやってネットで木材を選択してテーブルを購入出来るシステムって画期的ですし、嬉しいですよね。

※私が購入した『THE TABLE / Steel Flat Plate』は、現在ラバーウッド材のみで提供している様です。

テーブルのサイズオーダーが無料でできる

無料でですよ!
幅100cm~180cm、奥行き45cm~80cmの間で自由に選択が可能なんです。
サイズのオーダーが出来るメーカーは割とありますけど、無料でなんて話は聞いた事がないです。

私は一日デスクで過ごす人間ですので、机は出来るだけ広い方が良いです。
もちろん幅も奥行きの最大のオーダーで、180×80を選ばさせてもらいました。

リーズナブルな価格でご提供

テーブルは素材で価格が上下しますが、49500円(税込み)から購入できます。
以上の良材、好条件で考えるとリーズナブルなのは間違いないです。
送料もかかりませんしね。

画像で紹介

テーブルはこの状態で届きました。

f:id:dareshira:20200727125758j:plain

天板も脚もものすごく重かったので、二人組で組み立てるのが無難だと思います。

組み立ては非情に簡単です。
中にボルトと六角レンチが同梱されているので、机を裏返しにして取り付けます。

f:id:dareshira:20200727125817j:plain

f:id:dareshira:20200727125833j:plain

完成

f:id:dareshira:20200727125842j:plain

数十分で組み立てる事が出来ると思います。

脚の質感

f:id:dareshira:20200727125915j:plain

見た目の薄さ(9mm)とは裏腹に一つの脚で11kgもあってめちゃくちゃ重いです。

表面の質感

f:id:dareshira:20200727125938j:plain

表面のニスは2回塗りしているみたいなので、非常にきれいです。
ムラなどなくツヤツヤで、触り心地はさらっとした感じです。

角の丸みについてですが、こちらは面取りオプション(R5)を付けています。
配線の穴を開けるオプションもありますが、私は過去の経験から不要だと思っていたので付けませんでした。
やはり広い面積のデスクを余すことなく使えるのはストレスフリーで良いです。

アジャスター

f:id:dareshira:20200727125949j:plain

脚ひとつひとつにアジャスターが2つずつついており、最大15mmほどテーブルの高さを変更出来ます。(元の机の高さはアジャスターを含めず695mmです。)

気になったところ

横揺れ

横揺れはこんな感じでかなり激しいです。


軽く指を押し当てて左右に振るだけですごく揺れます。
私はデスクの上で大きな動作をするわけではないので、許容できる範囲ですが、気になる方は壁にぴったりと横付けする事をおすすめします。

裏のニスのムラ

普段は見えない箇所ですが、裏面のニスに割とムラがあります。

f:id:dareshira:20200727130033j:plain

こちらをサポートに問い合わせたところ、「本来裏面にニスは塗らなくてもいいけど、一回だけ塗ってるよ」との返信がきました。

…これをどう捉えて良いのか悩みますが、私は一回塗ってくれたことに感謝する方向に頭を持っていく事にしました。

最後に

横揺れについては、他の形状の脚がどの程度揺れるのかはわかりませんが、脚以外に支えとなる部分がないので、ある程度は目を瞑る必要があるのかなと思っています。

私自身は、このテーブルは理想通りの代物でしたので、大変に気に入っております。

なので、私の様にシンプルで質感が良くリーズナブルな価格で買えるテーブルを探している方には、是非ともおすすめしたい一品ですね。

f:id:dareshira:20200727125747j:plain

posted with カエレバ

 ※かなでものの商品は以前まで楽天で取り扱っていましたが、現在(2020年7月)は公式ページでしか購入出来ないようです。